あなたのキャリアプランを一緒に考えましょう!!

転職でキャリアアップ

自分が今持っているスキルで、さらにキャリアアップを目指すために転職を考えている人も居ると思います。

しかし転職するには今後の将来設計をしなくては、全てが失敗に終わる事もあるので良く考えてから行動しましょう。

まず今持っているスキル、他の企業ではどのように見えるのか。

また転職するということは中途採用者としての応募になり、どうして前職を辞めたのかを面接では必ずと言って良いほど聞かれます。

この時に「キャリアアップの為」と答え、果たして面接官は納得するのだろうか?

人によって考えが異なり、自分が思っている事と面接官が思って居ることが異なる場合が多ので、
面接時にこの回答は適切とは言えません。

例えば責任のある業務を任されるのがキャリアアップと考えていたとします。

自分では仕事に対して積極的に上を目指すために頑張ろうと思って居る。

しかしキャリアアップ=給料アップと考えていた場合、給料の面で転職をしていると捉えると、あまり良い印象はありませんね。

新しい職場で今の地位よりも上を目指す事は、何処の会社であっても同じだと考えるのが普通だと思います。

キャリアアップの為と面接時に答えると、きっと前職では目指せなかったのか?と聞かれると思います。

聞こえはいいですがあまりにもキレイ語とを並べると、つじつまが合わない場合もあります。

本当にキャリアアップを目指して転職をするのなら、予め準備が必要です。

まず色んな企業の情報を集め、また影響力のある人とよく顔を合わせておきましょう。

色んな人と出会うことで、自分が目指す方公性とマッチした人に引き抜きなどされる可能性もあります。

やはり転職は一から全てを始めるよりも、こういった引き抜きなどで抜擢された方が、転職の道のりもスムーズですね!

また相手企業側が必要としているので、自分が持つスキルや知識が認められたと言うことになります。

新しい企業で思う存分、自分の持つ力を引き出せる可能性があります。
キャリアアップを目指すには転職する前の準備から始めるのが大切なのです。

転職活動はキャリアアップを狙う人が有利

キャリアアップの為に転職を考える人は多いと思います。
今後の人生の為に、何かスキルを身につけキャリアアップを図る。

資格だけ所持していても経験が無ければ、転職活動で有利になる可能性は低い場合があります。

職業によってはスキルよりも経験を求める企業があるからです。

例えば技術職の場合、どんなにその職業にとって必要な資格を持っていたとしても、所詮は基礎知識の段階。

年齢がある程度上でキャリアアップの為に資格を取得したとします。
しかし経験数が全くのゼロのため、面接時に何か不都合があった場合どのように対処するのか?などを聞かれると思います。

特に転職で異業種へ挑戦しようとしている人にとって、キャリアアップの見込みはさらに低くなります。
これまで勤めていたキャリアを振り出しに戻す事になります。

そして新しい会社でのスタート、どんなに資格があったとしても会社の流れなどを把握するために新人扱いとなります。

そのため異業種でのキャリアアップを狙っている人は、給料が下がったり地位が新人からのスタートになる可能性が高いです。

しかしIT系関連の業種でキャリアアップを望む場合、有利になる可能性は大きいです。
IT関係の職業は資格よりも実務経験を積んだ人を求めています。

前の職場でどんな仕事に携ってきたか、またトラブルなどが発生した時も対処など困難無く任せられる人材。

やはりそうなると今まで経験した前職でのキャリアを元に、さらに幅広い業務をこなせる人材が有利となります。

IT関連企業でキャリアアップの為に転職活動をしている人は、面接時に資格ではなくてこれまでの実務経験のアピールが狙いどころ!

今までどんな作業を行なってきたのかなど、事細かくアピールすることで有利ポイントになるでしょう。

もちろん資格取得も大切です。

全くの無資格よりもある程度、仕事に役立つ資格などを所持することもアピールポイントになります。

中途採用で有利者になるためには、これまでのキャリアのアピール、それから資格をどう活かしたか、またどう生かせるかなどのアピールを積極的にして見ましょう。